FC2ブログ

数か月先の予定

2019-06-28
ここ最近(現在6月末ですが)、10月、11月の予定がドンドン入ってきています。隙間がなくなって来ました。
有難いことですが、自分自身、こんなはずでは無かった…とも思います。

コンサルのご依頼をいただいて、お客さんのお話をお伺いに行くのに現在最大約1か月お待ちいただく可能性があります。(もちろん、直ぐにお話をお伺いに行くことができる場合もあります)

コンサル依頼をご検討の方は、お早めにどうぞ。

カテゴリ :未分類 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :

無いと不安だから、、、食品安全マニュアル

2019-06-21
あれほど言っているのに皆食品安全マニュアルなるものを作りたがる。しかもISO22000:2018の要求事項No順に。

私:「必要ないですよ。作っても審査の時にしか見ないでしょ。」

工場:「審査の時に、無いとどの要求事項にどんなことを工場で決めているかわからなくなるから・・・」

私:「どうせマニュアルのどこに何が書いてあるかわからないんでしょ(笑)」、「審査員にマニュアルのページ教えて貰うんでしょ」

工場:「・・・」

私:「しかも要求事項の裏返しを記載していだけだから、具体性は無く結局見ても何もわからないんでしょ。」

工場:「・・・」


ご存知かもしれませんが、私はコンサルの傍らでFSSC22000審査員もしております。色々な食品工場で、食品安全マニュアルなるものを作っているのを見たことがあります。ちなみに一度たりとも最初から「食品安全マニュアル見せてください」なんて言う言葉を発したことありません。どうせ規格要求事項の裏返ししか書いてないから。
だから、食品安全マニュアルの表紙は見ても中身を確認することは程んどありません。

私が審査で聞かなければ、当然お客さんもマニュアルを見ません。そして審査は無事終わります。
→要するに審査でもマニュアルは使わないのです(笑)

今から2018年版に改定しようと悩んでいる方、食品安全マニュアルは必要ありませんから!


カテゴリ :未分類 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :

FSSC22000 Ver5が発行されました。

2019-06-04
FSSC22000 Ver5が発行されました。
fssc22000ver5

来年の審査ではVer5に対応する必要があります。
現在fssc22000.comのWebページでは英語版のみ閲覧できます。日本語版は9月に発行予定らしい。

*ISO22000:2018年版、FSSC22000:Ver5に関して1日間の研修会も随時実施していく予定です。ご希望の方はメールにてご連絡くださいね
カテゴリ :未分類 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :

文章には主語を

2019-05-08
「誰が」という主語を入れましょう。

今、工場で作成している文書(手順書、規定文書、マニュアルなど)は主語が入っていますか。
入ってないことのほうが多いのではないでしょうか。

文章だと書きにくいのであれば、
〇〇〇を1回/日に実施する(担当者)
など、カッコ書きで文章の後に入れてもいいかもしれません。

固い言葉でいうと主語のない文章は「責任権限」がはっきりしていないと言い換えることもできます。

ISO22000:2018年版改訂のついでに、見直してはどうでしょうか
カテゴリ :未分類 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :

食品安全方針

2019-03-29
食品安全方針を作るときは、
①TOPが考えてつくる
②カタカナとかISO用語使用しない

この2点が大事。

まず1点目
社長、工場長などトップが作成してください。
よくあるダメな例は、事務局の誰かが案を考えて社長に見せる。その後OKをもらう。これは社長の意思全く入っていません。
必ずTOP自ら考えて作成してください。
これすらも人任せにするTOPは役割を果たしているとは言えません。

次に2点目
マネジメントシステム、レビュー、PDCA、FSSC22000とか専門用語を使用しないこと。政治家のように人々を煙に巻きたい場合はカタカナ文字使うとうまく誤魔化せますが、それは違いますよね。
社長自らの言葉で表現を。
皆さんの工場の食品安全方針は、他社の方針と何が異なりますか?
署名欄を変えたら他社の食品安全方針って言っても通用しませんか?
従業員や、お客さん(一般消費者含む)が分かるような言葉を使いましょう!

また食品安全方針というタイトルでなくても良いです。

2018年版へ移行の際に社長自ら変更してみてはいかがでしょうか。
カテゴリ :未分類 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>