FC2ブログ

文章には主語を

2019-05-08
「誰が」という主語を入れましょう。

今、工場で作成している文書(手順書、規定文書、マニュアルなど)は主語が入っていますか。
入ってないことのほうが多いのではないでしょうか。

文章だと書きにくいのであれば、
〇〇〇を1回/日に実施する(担当者)
など、カッコ書きで文章の後に入れてもいいかもしれません。

固い言葉でいうと主語のない文章は「責任権限」がはっきりしていないと言い換えることもできます。

ISO22000:2018年版改訂のついでに、見直してはどうでしょうか
カテゴリ :未分類 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :

食品安全方針

2019-03-29
食品安全方針を作るときは、
①TOPが考えてつくる
②カタカナとかISO用語使用しない

この2点が大事。

まず1点目
社長、工場長などトップが作成してください。
よくあるダメな例は、事務局の誰かが案を考えて社長に見せる。その後OKをもらう。これは社長の意思全く入っていません。
必ずTOP自ら考えて作成してください。
これすらも人任せにするTOPは役割を果たしているとは言えません。

次に2点目
マネジメントシステム、レビュー、PDCA、FSSC22000とか専門用語を使用しないこと。政治家のように人々を煙に巻きたい場合はカタカナ文字使うとうまく誤魔化せますが、それは違いますよね。
社長自らの言葉で表現を。
皆さんの工場の食品安全方針は、他社の方針と何が異なりますか?
署名欄を変えたら他社の食品安全方針って言っても通用しませんか?
従業員や、お客さん(一般消費者含む)が分かるような言葉を使いましょう!

また食品安全方針というタイトルでなくても良いです。

2018年版へ移行の際に社長自ら変更してみてはいかがでしょうか。
カテゴリ :未分類 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :

あとぜき

2019-02-27
あとぜき

今日訪問した熊本の食品工場内の扉に張り紙が。

意味分からなかったので、聞いてみると「扉を閉めて」ということらしい。

話言葉は方言の工場も多いですが、張り紙まで方言は珍しい。

なんだか今日は地域色が出ている工場を訪問でき、ほっとした気持ちになりました。

さて、約3週間続いた出張も終わりやっと自宅に帰れます。(明日はまた飛行機で函館ですが、、、)
カテゴリ :未分類 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :

FSSC22000審査員もコンサルも結局は

2019-02-06
FSSC22000コンサルの立場で審査員がどんな審査をしたのか報告書など見ることも多い。審査に立ち会うことはしていないが、報告書以外でどんな審査、どんな感じの審査員であったかをお客さんに聞くことも多い。

・我々の話(説明)を全く聞いて貰えなかった
・1つ言い返す(自社ではこうやって管理している)といったら10帰ってくる
・絶対不適合といって聞かない
・そもそも審査基準を逸脱して(食品安全ではなく、品質の要求で)不適合をきる
・他社は、、、と話をするのは良いが、必ずそのような方法で管理しないといけないと言い切る
・審査員とお客様は対等という立場と説明しつつも高圧的
・自分のいた会社の過去の経験が絶対正しいと言い張る
・分かりにくいという。→審査員に分かってもらうために記録をとっているのではない!
・必ずマニュアルが必要だと言う
・自分の知識をひけらかす

・・・など色々と話を聞きます

まだまだ本当に出来る審査員は少ない模様です。

審査員は人の話を聞くことが出来る人。たったそれだけなのですが、、、(笑)

(さらにコンサルは審査員以上にまともな人少ない状況です)

カテゴリ :未分類 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :

釣り行きたい♪

2019-01-17
ご存知の方も多いと思いますが、HACCPのことより釣りのことの方が詳しいです。

積丹ブリ

今日もお客さんと何気ない会話の中で互いに釣りが好きということが判明。
同じ趣味だと、その後はコミュニケーションがスムーズに!


最近は副業の?FSSC22000コンサルが忙しすぎて釣りに殆ど行けません。(今だったらウミアメかウミサクラなのに、、、)
今年はコンサルも頑張りますが、釣りも少しは行きたいです!

*写真は昨年夏に積丹半島神威岬沖でのブリ。

カテゴリ :未分類 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>