ISO22000セミナー講師をしてまいりました

2010-03-28
e7ef7f08.jpg
ブログは毎日書こうと思っているのですが、どうしても宿泊を伴う出張の場合は"抜け"がちになっています。写真のように昨日は鳥取県米子市に行ってまいりました。

昨日は伊藤忠マネジメントコンサルティング株式会社のネットワークコンサルタントとして、鳥取銀行主催による、ISO22000セミナー講師を致しました。


参加者は、30名程度で、中には県の関係者もご出席されていました。米子ほどの小さな町でも、これだけ多くの参加者があるとは、食の安全に関して感心が非常に高いということが分かりました。

食の安全に関して、今の消費者は非常に敏感ですが、企業(特に中小)はそれほど敏感ではないのかなと感じていたのですが、それは全くの誤解でした。特に中小企業は、ISOとかHACCPとかいうと、何千万円も設備投資しないといけないとか、コンサルティング代金がこれまた1000万円位かかるのでは?という疑問を持っておりそれが足かせになっている場合が多いようです。

以前のHACCPはハード面(設備投資)に重きが置かれていたような格好でしたが、今回のISO22000に関してはソフト面の強化により、食品の安全を確保しようというものです。ですから中小企業にぴったりの規だとは思うのですが…

何はともあれ、セミナーが終わりホットしました。ご参加いただいた皆様に感謝です。

 

*ISO22000とは・・・

HACCPをISO化したもので、食品安全マネジメントシステムという。今年の8-9月頃正式発行される見通しで食品業界に関わる全ての業種(流通保管、小売、1次生産者、メーカーなど)が対象範囲となる。

食の安全に関して世間で騒がれているなかで、今最も注目されている規格である。
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://fssc22000.blog.fc2.com/tb.php/1059-540f4f57
<< topページへこのページの先頭へ >>