スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

QMSコンサルタント登録

2010-03-28
ae38f6b7.jpg
本日は大阪へ、「品質マネジメントシステム(QMS)コンサルタント登録のための説明会」へ参加してきた。これはISO10019という国際規格で2005年1月に発行されたものだ。

8月1日より登録を受け付けるらしい。

 

300人の会場だったが、パラパラと空席はあるものの、250名くらいは参加していたと思う。ISOコンサルタントって、関西だけでもこんなに大勢いるのかと感心した。

 

中小企業(従業員数49名以下)では78.1%がISO9001コンサルタントを導入していると報告されている。にも関わらす、力量の無いコンサルタントに指導(?)を受けた企業も多いと思われる。

企業にとっては、どこに、どのようなコンサルタントがいるかもわからないし、金額相場も分からない。どうやってISO認証登録すれば良いかも分からない。

そこで、ISO9001のコンサルタントも登録データベースに登録し、企業がISOコンサルタントを選択する際の手助けをしようという目的らしい。登録組織は”CRC”という組織になるらしい。

 

この登録はあくまでも「ISOコンサルタントを必要とする企業のためであって、追加的に、コンサルタント自身のためのものである」らしい。

 

コンサルタントが登録しようという際には、以下のような要件が必要らしい。

QMSコンサルタントの選定・利用の国際規格―ISO 10019の解説
1.最終学歴の証明
2.判断を行える地位、管理的地位の経験
3.品質管理関連の経験(JRCA登録審査員資格でOK)
4.判断を行える地位で習得した技術経験(コンサルタント経験による技術は除く)
5.品質管理の知識(JRCA登録審査員資格でOK)
6.JIS Q 9001の十分な知識(JRCA登録審査員資格でOK)
7.JIS Q 9004の十分な知識(CRCが認めた研修修了者)
8.JIS Q 19011の十分な知識(JRCA登録審査員資格でOK)
9.ISO10019の十分な知識(CRCが認めた研修修了者)
10.業務上関係者からの推薦状
11.(倫理的行動の)誓約書
12.5年間に3件以上の組織を支援した経験の証拠
13.上記組織からの3つ以上の組織からの推薦状
14.その他
注意:抜粋しています。全てではありません

現時点で僕はほとんどクリアー出来ている。(ISO9001だけで約80社以上もコンサルティングしているから当たり前だけど…)
しかし、というかやっぱりというか、相変わらす、「講習会」を求めてくる。
講習会参加だけで、恐らく15万円近く払わないといけない。登録するのも、4万円とか言っていた。合計20万円近く。これは結構でかい金額だ。別の言い方すれば、金さえ払えば、誰だって登録できる。

これからISOを考えている企業には、”目安”にはなるが、決してこの登録情報だけで、結論を出さないと言うことが重要になってくると思う。コンサルタントの人間性、力量、その他を良く見極めて判断して欲しい。

今後、そのような登録状況が確認できるのは、10-11月頃になると思われる。どうぞ、他のコンサルタントと比較してください。彼らに負けるのは、恐らく、「年齢の高さ」だけと思いますから…ご年配にコンサルして欲しい企業は僕では駄目です(笑

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://fssc22000.blog.fc2.com/tb.php/1069-4f215d25
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。