スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

真実を知らないって怖いですね

2007-06-29

物事の真実を知らないということは大変恐ろしいことです。
多くの人が琵琶湖での在来魚が減ったのは“ブラックバス”のせいだと思っているようですが、はたしてそれは真実でしょうか?


「ブラックバスのせいで、アユやフナがいなくなった。」と言っている人の中で、実際に湖上にでて、また湖岸に足を運んでみた人がどの程度いるのでしょうか?
ただ単にテレビ、新聞が「ブラックバスが悪い」と囃し立てるので、それを鵜呑みにしている人がほとんどではないでしょうか?


確かに、ブラックバスはアユを食べるかもしれません。その一部の側面のみをマスコミは大きく書きたてていますが、“真の原因”はもっと別のところにあるように思えます。


無秩序な湖岸、河川等の開発、沖合の浚渫、限られた湖面でのアユの乱獲、農薬の流入、地球温暖化
…これらの影響は少したりとも報道されません。無限と思われるような海洋ですら漁獲高が減っているというのに…


ボートで良く琵琶湖(現場)に出ていくと、「真の原因」がよく分ります。


ISOでいう「是正処置」は、こ真の原因を突き止めなければ再発してしまいます。


バスを駆除したり、リリース禁止にすることは、この「琵琶湖の在来種が減った」という真の原因に基づく是正処置ではありません。現場を知らないような有識者(バス反対の人々を故意に集めたような人選)での是正処置立案では、本当の意味での是正処置ができるはずはありません。
現場をいつも見ている人が是正処置の立案をすべきです。


【結論】
是正処置を実施する上では、真の原因を突き止めることが最重要であるが、それには現場をよく知っている人が良く見ないとわからない。


魔魚狩り―ブラックバスはなぜ殺されるのか


ブログランキングに参加してます。←読んだらクリックしてください。

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://fssc22000.blog.fc2.com/tb.php/1206-e4613b36
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。