まとめて記録を付ける

2008-09-18

月曜日から北海道に行っていました。ISO22000内部監査の立会指導です。


本来、私は監査員ではないので、指摘等はほとんど実施することは無いのですが…
まず加工場をチェックしましたが、監査前日に承認された書類がやたら多い。普通の人だったら、きちんと更新されており問題なしと素通りするところです。これは、何かがおかしい…


加工場から戻ってきて書類をチェック。6、7、8月分の教育の記録が明らかに同じ字体。この監査の前にまとめて書いたと思われます。何とかそのことを相手に白状させようと、記録をよーく見てみると…


8月分の記録にうっすら7月分の記録の筆跡が見えます。油性ボールペンで書いているので、下の紙に文字の跡があったのが発見できました。前月分が、次月分に、このような筆跡が残るのは明らかにおかしい。


刑事のようなチェックで、被監査者に白状させました…


加工場の書類も恐らく、監査があるので…という理由で張替えたと思われます。
まさに「ISOの監査のための書類作成。」になっており「ISOが形骸化」する前兆です。普段の活動でISOが上手く回るためには何をどのようにしたらいいのかを考えてもらいたくて指摘しました。


今までの審査や、内部監査ではそこまで確認する人はいなかったと思います。
監査前に記録を整備している企業は何かがおかしいです。もしかしたら、その記録は必要ないかも知れません。また本当に必要であれば、どうしたらオンタイムで記録できるのか検討する必要があります。


ブログランキングに参加してます。←読んだらクリックしてください

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://fssc22000.blog.fc2.com/tb.php/1258-a1f7594e
<< topページへこのページの先頭へ >>