ISO22000運用

2011-11-08
大抵の企業は、ISO220000認証取得がゴールではないと分かっているのですが、認証取得後は改善のスピードが落ちて行きます。

高いモチベーションを保ちつつ、改善を推進するためには何らかの仕組みが必要です。そのひとつに内部監査があります。表面上の監査(ISO審査のために内部監査を実施した記録のみを残す)ではなく、本当に前向きな監査をすると会社が良くなって行きます。

しかし小さい規模の会社ではそう簡単に内部監査ができないというのも事実だと思います。

実は私の全ての仕事のうち、30%程度は「認証取得後の内部監査のサポートor代行など」です。

認証取得後にこのサービスを受けている食品会社の内部監査員数名は、間違いなくその辺のISO22000審査員や、コンサルよりもレベルが高いです。

認証取得後に、改善のスピードが止まっている、または内部監査が上手く出来ないという会社があれば、一度外部のコンサルタントなどに監査を依頼するのも良いのかもしれません。
(勿論、当事務所でも受付けています)
カテゴリ :未分類 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>