fc2ブログ

不適合製品の管理

2005-08-08
ISO9001で、”不適合製品の管理”というと、何か事故で製品が駄目になったとか、クレームが来たとかそういうことをイメージする企業が多い。

そういう風に「不適合製品」を限定してしまっているので、いろんな会社に行っても「不適合の記録はありません」と言うことになる。

 

先日も食品工場に審査で訪問したのですが、製造ラインを見ると、製品が籠(いわゆる不適合製品入れ)に数十個入っていた。1日何個くらい、どういう原因でこのような製品が出るのかを聞くと、担当者は原因を教えてくれた。しかし、その記録は無いということだった。不適合報告書なるものはあるが、毎日のことをわざわざ、そんな紙に書くのは大変だということだろうと思う。記録は、日報なんかにちょっとメモする程度で十分。

 

1日当たりの製品の廃棄数は知れているかもしれないが、このような「いつもの不適合」は1年を通して考えると結構な量になる。

日々のデータを収集、分析し、原因を追究し、無駄をなくそう。そう思えば、これらを記録することは今後重要になってくる。

 

 ブログランキングに参加してます。←読んだら押してください。

 
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://fssc22000.blog.fc2.com/tb.php/154-72a9b38a
<< topページへこのページの先頭へ >>