スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

FSSC22000はまだ取り組めない・・・

2016-05-31
まず最初に言いたいのは「世間、同業他社の噂に惑わされてはいけません」ということです。

HACCPは何か対応しないといけないけど、FSSC22000は当社では無理だから、ISO22000にしよう。
こう考えている食品工場の方が多いような気がします。

一般衛生管理(前提条件プログラム;PRP)を確実に実施して初めてHACCP構築(ISO22000)出来るはずです。前提条件というのはHACCP(ISO22000)に取り組む前の前提ですよ!

PRP(一般衛生プログラム)の内容が詳細に規定してあるISO/TS22002-1が出来ていない(出来ない?)のにISO22000に取り組もうというのは如何なものかと思います。規格の本質を見れば(自社の食品の特性を考え)、何をどの程度すれば良いかわかるはずです。規格の言葉一つ一つに惑わされてはいけません。

ハザード分析を実施して、この工程はPRPで管理、この工程はCCPで管理と管理手段を選択しますよね。PRPで管理というのであれば、ここがキチンと出来ていなければならないはずです。(←ISO/TS22002-1の部分ですよね)

ISO22000と比較してFSSC22000は難しいものではないし、高度なものでもないです。古い工場であっても、何らかの対応が出来るはずです。最新鋭の設備がないとFSSC22000出来ないわけではないです。

ですからISO22000からFSSC22000へステップアップするというのは、基本的な考えが間違っています!(最初からFSSC22000に取り組みなさい!)

*そう言われても良くわからない方、是非当事務所へご相談くださいね!(何をどの程度実施すればよいかFSSC22000主任審査員も行っているコンサルがお答えいたします)



カテゴリ :未分類 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。