どっちを選ぶ?

2017-03-02
大切な家族が今度、心臓バイパス手術をすることになりました。皆さん、どちらを選びますか?

①町の診療所
…何より自宅から近い!心臓バイパス手術は実施したことないため、(勉強のため)金額は安い。手術が成功しても後遺症が残る可能性がある。

②執刀数が多い専門医
…先生は遠くから来るので、少し高い。専門医のため、執刀数も多いし、成功率も高い。後遺症が残ることはほとんどない。

手術しないとか、投薬でとかあるかもしれませんが、あくまでも選択の考え方の一例です。

多くの人は、②を選択するのでは?

では、FSSC22000/ISO22000コンサルの選択の際はどうでしょう?
審査、システム維持は毎年続くものです。食品工業のことが分からないISOコンサルを選んで必要以上に文書、記録を作成して運用に大きな負担を掛けていませんか。重いシステムは結局無駄な人件費が永遠に掛かってしまいます。恐らく認証取得まで、もしくは1-2年以内に、従業員の無駄な人件費は、専門のコンサルを雇うことでPayすると思われます。

またマネジメントシステム(法人としての経営そのもの)として最重要(人間だと心臓手術など専門性の高い、命にかかわるような事象)なはずであるのに、食品の専門家に頼まなくても大丈夫でしょうか?

何が一番得かは本当は、そんなに考えなくても答えは明確なはずです。
自社から近い、相見積もりの結果安いコンサルを基準に選ぶ会社も多いですが、本当にそれで良いのでしょうか?

コンサル選定の基準を良く考えて選んでくださいね。
(実は審査機関の選定も同様のことが言えます。値段だけで決めると失敗します!)
カテゴリ :未分類 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>