FC2ブログ

北海道大地震 (被災して分かったこと)

2018-09-11
まさか、自分が被災するとは、、、、
今回の地震で千歳市は震度6位で震源地のすぐ隣でした。

家、室内は多少のダメージを受けましたが、幸い、家族全員無傷でした。

災害への対策を考えたこともなくいきなりでした。でも実際に被災して分かったことがあったので下記にメモしておきます。

★一番困ったこと
「地震、大丈夫?」の電話、LINE、FBメッセンジャー、ショートメールです。

心配してくれるのは本当に有難い。スマホだけが情報源(TVなどは停電で見れません)、通信源。
多くの人から連絡くると、それだけでバッテリー消費してしまいます。

大震災でも人はそんな簡単に死にませんから(笑)。。。

これか先も、日本各地で自然災害が発生するでしょう。どうかその時に、思い出してください。「被災者への安否確認の連絡は迷惑だ」ということを。


★持っててよかったもの
・七輪
・木炭(震災前4日に偶然1箱買い増してた!)
・カセットコンロ(震災前4日に偶然買っていた!またボンベも3缶買い増ししていた!)
・ダッチオーブン(以前から持っていた。七輪で調理)
・保冷剤(冷凍庫に沢山入れていた。これが冷凍庫の温度を一定時間維持できた)
・水(ペットボトルで15L、水タンク10L,、ウォーターサーバー10L位持っていた)
・ソイジョイ(震災1週間前1箱買っていた!←ダイエット用で)
・ハンディ電池式LED照明(箪笥の中にいれていましたが、当日は取り出して使用)
・ヘッドランプ(魚釣り用で持っていた!)
・ヘルメット(家庭でのDIYで使用していた)
・シガーソケットからのUSB接続用コード(車でスマホを充電できた)
・レトルトカレー(ダッチオーブンでお米を炊いて、カレーを食べることができた)
・ガソリン携行缶(チェーンソー用で以前から持っていた。少しガソリン入っていた)

・薪ストーブ(一般家庭では厳しいかも?田舎、戸建て限定ですね、、、田舎の方は検討すると良いかも?冬場はものすごく温かいし、なにより非常用にもなる!!)

➡食料、水、エネルギーは震災などを意識したわけではないですが、それなりに持っていたということが分かりました。

★近隣とのコミュニケーション

震災は3:08でした。朝4時ころ、近所のSさんが我が家の玄関ドア(地震後すぐに外に出ることができるようにカギ開けておいた)を開けて安否確認をしに来てくれた!
また、食料、ガソリン、灯油など近隣で困っている人に分けたり、貰ったり。
常日頃からの近隣とのコミュニケーションをしているため、家族同様に助け合うこと出来ました。


★不足していたもの
・車のガソリン(たまたまほんの少ししかタンクに入ってなかった。これからはマメに満タンにしておこうと思う)
・予備バッテリー(スマホなど充電心配ですよね。震災後に楽天で大容量バッテリー購入しました)
・カセットコンロのガスボンベ(今回は3本は持っていましたが、ちょっと少なかった。これも震災後に買い増ししておきました)
・発電機(これさえあれば、大抵の家電は動かせるのでは?買うことを検討中)
・井戸(昨年熊本で被災した友人は自宅に手動の井戸を掘ることを考えているらしい。我が家も検討してみようと思う)


★その他
実は震災前日、台風21号の影響で新千歳空港に到着するも、JR運休、タクシーには数百人の行列。
普段は妻に車で迎えに来てもらうのですが、そんな日に限ってビール飲んで寝てたらしく、電話しても出てくれない、、、

仕方ないので、空港のロッカーにキャリーバッグ入れてランニングシューズ,ウェアに着替えて自宅まで約11㎞走って帰りました。
いざというとき帰宅難民にならないような体力、脚力があってよかった~
空港に泊まろうかと思ってたので、もし帰宅しなかったらゾッっとします。

以上、被災して感じたこと。何かの参考になれば。(←田舎の戸建てなのであまり参考にならないかもしれませんが)




カテゴリ :未分類 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>