FC2ブログ

食品安全方針

2019-03-29
食品安全方針を作るときは、
①TOPが考えてつくる
②カタカナとかISO用語使用しない

この2点が大事。

まず1点目
社長、工場長などトップが作成してください。
よくあるダメな例は、事務局の誰かが案を考えて社長に見せる。その後OKをもらう。これは社長の意思全く入っていません。
必ずTOP自ら考えて作成してください。
これすらも人任せにするTOPは役割を果たしているとは言えません。

次に2点目
マネジメントシステム、レビュー、PDCA、FSSC22000とか専門用語を使用しないこと。政治家のように人々を煙に巻きたい場合はカタカナ文字使うとうまく誤魔化せますが、それは違いますよね。
社長自らの言葉で表現を。
皆さんの工場の食品安全方針は、他社の方針と何が異なりますか?
署名欄を変えたら他社の食品安全方針って言っても通用しませんか?
従業員や、お客さん(一般消費者含む)が分かるような言葉を使いましょう!

また食品安全方針というタイトルでなくても良いです。

2018年版へ移行の際に社長自ら変更してみてはいかがでしょうか。
カテゴリ :未分類 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>