fc2ブログ

街で聞くことが真実とは限らない

2005-10-11

1月前くらいに琵琶湖でピラニアが発見されました。そのニュースは全国区で流れましたので、琵琶湖にピラニアが生息すると勘違いしている人も多いみたいです。そして一般の人が一番良く勘違いしていることは、「ピラニアは人の足を食いちぎったりするので、危険である」という誤解です。


マスコミの影響力は大きく、そのような”誤解を招く”情報を平気で流すことです。ピラニアと人間と比較したら、ピラニアだって人間が怖いに決まっています。とすると、人間が湖に入ったらピラニアは必ず逃げ回ります。従って危険であるはずがありません。
昔のTV番組で、ピラニアが牛を襲う場面がありましたが、その印象が大きく反映しているんでしょうね。この場合は、何ヶ月間も餌がなかったピラニア何千、何万匹が、共食いするか、皆で協力して”命がけ”で牛に食いつくかの場面だったのです。普通の状態では考えられませんね。


ISOにも同じことが言えます。「文書が多い、大変」という噂は真実でないかも知れません。また、実際にISO認証取得している企業からの話では、”本当に大変”なのかもしれません。


ピラニアが何故、牛を襲ったのか?普段(普通)の生活はどうなのか?
を知るためには、ピラニアの本質を知らなければなりません。マスコミによる情報だけでは、ほんの一部分に過ぎませんので注意が必要です。

ISOも同様に、何故大変なのか?本当は何をしなければならないのか?を知ることによって役に立つのか否かを判断しなければなりません。ISOの本質は【ISO要求事項】です。審査員、コンサルタントの意見に惑わされることの無いようにご自身で、要求事項くらいは読んで見てください。


ブログランキングに参加してます。←読んだら押してください。

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://fssc22000.blog.fc2.com/tb.php/197-42c2a812
<< topページへこのページの先頭へ >>