オリエンテーション

2005-12-14

本日は京都市内のISO9001+14001複合認証取得支援のクライアントを訪問しました。今日が初日です。


このクライアントは、今までに、「文書・システム簡素化、及び内部監査」等のコンサルティングをしていたA社からのご紹介です。


当初、A社のISO9001は大変複雑なものでした。ISOのための仕事が山のようにあって、無意味極まりないものでした。勿論、私がコンサルティングしたわけではありませんでした。


困っているところに「何とか簡単にして欲しい」というご要望が来て、文書簡素化や、内部監査を現在受注しています。


A社の管理責任者曰く、「最初から西村君に頼んどけば、どんなにか楽だったろう。」ということを言われます。この言葉が一番の励みであり、私はそのために仕事をしているようなものです。


しかし、今回はそれ以上に、「同業者がISOを考えているから」と私を協力に推薦して頂きました。悪い仕事をしていたら、紹介はきっとなかっただろうと思うと、これが、顧客満足なのかなあとも考えます。


悪い噂はすぐに広まりますが、良い噂はなかなか広まりません。皆、自分だけそのサービスを独占したい、人には教えたくないという理由からかもしれません。そんな中で、今回、ご紹介⇒契約ということが出来たのは、価格度外視(?)のサービスだったのかもしれません。


顧客満足の向上は結局は自分に跳ね返ってくるということだと思います。


ブログランキングに参加してます。←読んだらクリックしてください。


  

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://fssc22000.blog.fc2.com/tb.php/245-e07b8700
<< topページへこのページの先頭へ >>