ISOコンサルタントによって異なる

2006-02-03

「以前いた会社のISOマニュアル、規定、記録と比べてとっても少ない」


今日は京都市内のISO14001認証取得のお客様を訪問しました。推進チームの方と、お昼を一緒に食べたのですが、その時に戴いた言葉です。


今回のお客様は対象人員が70名程度いるので、「そんなに少なくもないし、規模が小さくなればなるほど、もっと少なくできます」と申し上げたら更に驚いていました。


会社として本当に取り組むべき事項をしていたら、ISOのために記録が増えるといったことは少なくとも私には考えられません。


「記録、文書が多い」と嘆く会社は、どこかに無駄な書類があるか、その書類の重要性を理解していないかのどちらかになると思います。(ISOに取り組んでいる企業は大抵の場合、”無駄な”書類が多い)


ISOは国際規格ですから、本当は要求していることは各国、各企業に対しても同様なはずなのですが、その”システムの複雑さ”はコンサルタントの力量に大きく左右されているのが現状のようです。


ブログランキングに参加してます。←読んだらクリックしてください。

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://fssc22000.blog.fc2.com/tb.php/273-8705796e
<< topページへこのページの先頭へ >>