新規のお客さん

2009-04-08

昨日は、新規のお客さんを訪問しました。


愛知県豊橋にある食品製造メーカーでISO22000に新規で取り組もうとするお客さんです。


この会社は既にISO9001を取得しておりますが、「食品業界であればISO9001より当然ISO22000だろう」ということで、ISO22000に取り組んだということです。


私もISO9001の審査員で様々な食品会社に行っていますが(最近はコンサル業が忙しすぎて行っていませんが…)正直に申し上げると、「ISO9001は幅広く網羅しているが、深さが足りない。」と感じておりました。
時代の流れで消費者はより安全な商品を求めていることは周知の事実です。


この期待に応えるためにはISO22000を導入することも重要だと思います。


また、ISO22000導入によって世間の期待よりも、「自社工場内での効果、たとえば現場が綺麗になったとか、従業員の資質が良くなった、クレームの質が変わった(減った)」などの効果が期待できるはずです。


特に中小企業の場合は、食品事故を起こすと即倒産という危険もあるために、リスク管理の意味も込めて取り組む意味は大きいと思います。


昨日お伺いした会社は最初に工場を訪問し見積もりを差し上げたのが、丁度1年前です。じっくり検討しISO22000導入に踏み切った様子です。


*じっくり検討し、取り組むことは大事ですが、お気軽に「話を聞きたい」と声をかけてくださいね!


ブログランキングに参加してます。←読んだらクリックしてください

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://fssc22000.blog.fc2.com/tb.php/608-a53816c3
<< topページへこのページの先頭へ >>