力量確認テスト

2010-10-14
今日は盛岡でISO22000運用コンサルでした。



朝8:30頃にお伺いしたら、会議室内でX線オペレーターが「力量確認テスト」を受験していました!7:45から実施していたそうです。



テスト問題はA4用紙で2枚あり、この内容がかなり難しい。

こんなこと白状するのも何なんですが、僕が受けても100点は取れるかどうか。。。



この会社では、CCPやOPRPのオペレーターはこの「力量確認テスト」で100点を必ず取らなければならないとのこと。1回目で95点だったら、追試があるそうです。

100点は絶対条件だそうです。

しかし数人は3回目の追試まで受けているようです!製造、品管の係長クラスでも追試を受けている人も多いです。



「テストは普通は80点位が合格点じゃないですか?」と尋ねたら、「大事な工程だから、100点を取ってもらわないとダメでしょ。ちょっとのミスも許されない工程でしょ。」という回答。



もっともです。



テストが大変難しいので、事前の教育は必須です。この教育の資料は…

ズバリ、「CCP整理表」です!



ISO審査のための資料になりがちな「CCP整理表」ですが、この会社は実際のオペレーションの手順書にして、更にはそれを教育資料に用いています。



意味のあるISOの運用をしていると感じましたねぇ~



このようにISOを最大限利用すると、会社はどんどん良くなっていきますよ~



人気ブログランキング  ←読んだら押してみてね♪




tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://fssc22000.blog.fc2.com/tb.php/858-638c5ddc
<< topページへこのページの先頭へ >>