三重の食肉加工品工場

2011-08-03
昨日は三重県の食肉加工品工場でISO22000運用コンサルでした。



この工場はマル総を認証取得済みですが、ISO22000認証取得も実施しています。



「何のために、この工程が存在するのか?」という質問をすると、「微生物の低減のため」、「賞味期限まで持たせるため」などの回答が返ってくる工程があります。

加熱工程(CCP)などがそうですね♪



しかし、CCP、OPRPにしていない工程でも、「微生物制御」をするための工程が存在しています。「昔のマル総では、その工程はCCPでは無かった」工程です。



製品設計上、食品ハザードをコントロールすることが必須な工程であれば、そのような工程をOPRPに設定してはどうかとお勧めしてきました。



…マル総に取組んでいる会社は、「変更すると説明が大変」「変更申請が…」という理由でなかなか管理方法を変えようとしません。マル総が、継続的改善の足枷になっているような気もしますが。。。

その場合でも、せめてISO22000の内容だけでも継続的な改善を実施してほしいものです。


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://fssc22000.blog.fc2.com/tb.php/967-4a5b1ff8
<< topページへこのページの先頭へ >>