ISO定期審査前に印鑑を押しまくる!

2005-08-16
ISO9001やISO14001の定期審査の前になると、どの企業も慌しくなる。理由は簡単だ。今まで放置していた書類に印鑑を押しまくり、抜けている記録があれば新しく作成する。中には審査まであと1週間っていうのに、内部監査を実施するのではなく、内部監査をしたという記録を作成したり、マネジメントレビューをしたという記録を作成したりと結構大変らしい。

 

実はこれって結構な工数(人×時間)が掛かっている。要するにお金が掛かっているということを認識しなければならない。毎年一体幾ら無駄なお金をつぎ込むのか?多くの企業が苦労してISO認証取得して、その後も更に苦労しているという。しかも莫大な金額を使って・・・

 

勿体ない。ただで従業員が働いてくれるならまだしも(そんな企業ないか!)時間を割くということはお金が動いているのである。人件費は最も高い経費ですよ!

 

こんな無駄なこと、早くやめませんか!


【審査前に記録に多くの印鑑を押している企業への改善のポイント】



  • 記録様式から印鑑欄を取ればいいだけです。必要ないから、審査直前まで印鑑を押さなくても業務が回るんでしょ。本当に必要な印鑑なら審査前に押すというようなことは絶対ない。
  • ISO9001、14001で記録を承認する必要のあるものはない。(ISO22000とかだと、記録を確認した証拠が必要だったりする場合もある)

期待して読んでいた方、簡単で済みません。

しかしISOコンサルタントから貰った様式に最初から印鑑欄があると「とってはいけないもの」という認識が生まれてしまうのはいたしかたないことだ。

何のために印鑑を押しているのかを考えて、印鑑欄を作成すべきだ。社長や、部長に印鑑を貰わないと先に進めない業務だから印鑑(承認)を貰っているのでは・・・

言い換えれば、そのような承認が必要ないなら印鑑欄も必要ないということである。



*これで審査前少しは楽になりそうですか?ご意見を頂ければ幸いです。


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://fssc22000.blog.fc2.com/tb.php/984-534f620a
<< topページへこのページの先頭へ >>