「正直者が馬鹿を見る」でもいい

2005-08-16
ISOコンサルタント個人事務所として独立してから1年半が過ぎようとしている。僕が独立したのは、様々な理由があるが、一番大きな理由は以前いた会社が「顧客のことを第一に考えるのではなく、その場さえ儲かったらいい」という考えだったからだ。当然、サービスも悪くなってきていた。会社としてサービスが悪くなるのに、「ニシムラもサービスが悪い」という印象がつくのが嫌だった。

 

その思いで、今は顧客に提示する見積も最初から”ギリギリ”で設定している。「顧客に値引き要求されて、値段を下げるのなら、最初の値段は一体なんだったのか?」その辺を考えて営業している。当然、もっと儲けることも出来るだろう。しかし、僕の考えは、自分の生活が成り立っていけば、お客さんに少しでも還元したいと思っている。「いい仕事をいい値段ですれば、口コミ等でお客さんの幅も広がるのでは」と考えている。

僕は嘘が付けないので、はっきりいって今は「正直者が馬鹿を見ている」状態である。今の仕事はほとんどが儲けなしの状態だ・・・

 

ISO9001のスタンスにある”顧客満足”を自ら実施することによってこのISO業界を健全に維持していきたい。
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://fssc22000.blog.fc2.com/tb.php/989-0731e40e
<< topページへこのページの先頭へ >>