スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

審査員に食品安全マニュアルの説明をしてもらう

2017-10-26
毎年9月から翌年3月頃まではFSSC22000審査業務が多い。
(コンサルの他、FSSC22000主任審査員っていう仕事もしてます!)

「皆さんの食品安全マニュアルの〇〇ページに△△△って書いていますよね。。。」と私が聞くと大抵は、ポカーンとした顔で、そしてそんなの初めて聞いたっていうような顔で皆さん「・・・」となることが多いです。

そんなマニュアルなんか必要もないのに、審査のために作成している会社がなんと多いことか。
どうせ審査の時しか見ない(審査の前日にすら見ない)のに、無駄なエネルギーを使ってますよね。
しかも規格要求事項の裏返しを書いてある。
全く無意味にもほどがあります。

「どうせ審査の時にしか見ませんよね。必要ですか?」と聞くと
「5.7とか言われたときに、わかるように、、、」とか答えてくれます。
しかし、要求事項の番号で質問してくる審査員なんかいませんから!!(←もしそのような審査員がいたら出入り禁止にしたほうが良いです)

また、審査会社によっては、審査の前に「食品安全マニュアル(もしあれば)事前に送付してください」なんかいう会社があるから困ったものです。本来は必要無いのに、、この文章を見たらさも必要かのような感じて作成をするという会社が出てくるに違いありません。

FSSC22000審査をややこしく困難にしているのは皆さん自身、そして業界(審査会社、コンサル)だったりします。
本来必要なものは何かをよく考えてください、または本質は何が必要か判断できるコンサルを選択してくださいね~
カテゴリ :未分類 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :

ROPPONGI at 松山

2017-10-24
愛媛県松山市のROPPONGI。松山なのにROPPONGI。
roppongi
仕事柄毎日移動のため、多くの人から「色々な場所行けて良いですね」とか言われますが、基本的には毎日仕事終わって6時間とか移動です。地獄です。地方の美味しいものとか食べる時間はホボゼロなのです。

忙しいのと寂しいのとで、晩御飯1人で外食することは99%ありません。残りの1%は、松山を訪れた際のこのROPPONGIだけです。

かれこれ7-8年前?なんとなく、ふらっと立ち寄ったBARです。(←本当に1人で飲食店に入ることは基本的にはありません。)
オーナーのマイケル(バリバリの日本人!)がドレッドヘアーで、音楽もカッコイイROCKが掛かっていたような気がします。
そこで飲んだモヒートは今でも衝撃過ぎて忘れられません。その後高級ホテルでもモヒート頼んだりしましたが、到底ROPPONGIには敵いません。私自身お酒の味など語るレベルではないのですが、ここのモヒートは最高に旨いです。

そして料理。奥様のMIWAさんが創るのですが、これまた最高なのです。「生命維持のために食事をしている」と公言している私ですら、本当に感動する味で思わず、「美味しい」と何度も口に出すほどです。

今日は約10か月ぶりにROPPONGIに訪問できました。
最高のお酒、料理、音楽。私にとって、これ以上の飲食店は国内、海外(殆ど行ったことないけど。。。)と無いです。

これで明日からも仕事頑張ることが出来そうです!

*写真は新作パクチーモヒート。

カテゴリ :未分類 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :

はっと気が付いたら、、、

2017-10-18
10-11月の日程が殆ど埋まっていました。
土日祝関係なく。

お見積り等のお問い合わせがあった場合はまず、必ず皆さまの工場をご訪問させていただいておりますが、現在ご訪問するのにお時間を頂いております。すぐにご訪問することが出来ない状態になっております。
誠に申し訳ございません。

当ブログも忙しさであまり更新できておりません。コンサル、審査で日々思うことがあるのですがなかなかUPで来てませんねぇ。

*ちなみに本日、明日は小豆島。明日は小豆島から岐阜羽島へ。土曜日は三重県桑名。来週は愛媛県松山、、、、と連続して(っていうかいつもこんな感じです)仕事です。

色々な場所からお声を掛けて頂くのは有り難いです。
(来年4月頃までは月の半分程度は既に予定で埋まっている状態です。ですが、12月以降は少しは空き日程がございます!)
カテゴリ :未分類 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :

規格の意味を考える

2017-10-02
ISO22000(FSSC22000)では良くある参考書、研修会では、まず「製品説明書」を作成せよ。(HACCP手順2)

だからと言って同じ名称の様式を”わざわざ”作成している食品工場がホントに多い。
そのようなものは、ISO22000構築前から、別名称で会社に存在していませんか?
例えば「商品規格書」とかそんな感じの文書があると思います。そのような文書を見せてもらえばOKなのに、わさわさ審査用に様々な書類を作成する工場が後を絶ちません。

どうしてなのか・・・

コンサルの指導なのか、審査員の指摘なのか。

いずれにしても誰か(コンサル、参考書、審査員)の言う通りにするのではなく、自分で本当に必要かどうか、規格が意味するものをよく考えてみてください。

わざわざFSSC22000のための書類を作成しなくてよいと言う、コンサル、審査員を選んでください。(目先の金額だけで選ぶと永続的に続くものですから無意味な仕事が馬鹿にならないですよ~)

カテゴリ :未分類 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :

3連休!

2017-09-16
9月16日から3連休ですね。
北海道は今年見たこと無い様な快晴です。バカンスには最高の季節です!

ですが、今日(3連休初日)は、お客様のところへ訪問です。
FSSC22000内部監査の代行っていうお仕事です。小規模食品工場の場合、どうしても内部監査実施が困難ですが、そのような場合はコンサルの出番です。
普段気が付かないような点を客観的に評価していくことが可能です。

明後日、新千歳空港から羽田へのフライト予定ですが、飛行機飛ぶかどうかわからないので、明日北海道を立とうかどうか考え中です。

カテゴリ :未分類 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :
<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。